ホーム > 千葉シニア自然大学 > 受講生募集

千葉シニア自然大学

平成29年度 受講生募集(基礎コース・専門コース)

申込み受付期間 平成28年11月1日(火)~平成29年2月28日(火) 各コース定員30名

健康で、自然を学び、社会とつながる ― 充実したシニアライフを ―


シニア自然大学1

このようなみなさまに
おススメします

  • 元気で充実した日々を過ごしたい
  • 自然について体系的に学びたい
  • 野菜や花の育て方の基礎を学びたい
  • 子どものため、地域のために役立ちたい
  • 自分のペースで楽しく学びたい
  • 新しい仲間づくりをしたい
シニア自然大学校全国協議会

全国のシニア自然 大学校と連携

大阪、名古屋、東京、神奈川、埼玉のシニア自然大学校の指定講座を相互に受講できます。

卒業後の活躍状況

〇築180年の古民家を守る活動と周辺農家の支援活動
○環境教育、里山再生など地域活動
〇自然体験の指導者として活動
〇農業の実践
〇個人で活動グループを立ち上げ活動など、各方面で活躍

講座の特色 〜自分にあったコースを選べます〜

〇基礎コース
年間を通して自然について幅広く座学 ・実習・野外を交えて学ぶコース
著名な講師陣による千葉の里山里海をフィールドに体験を通して楽しく学べます。

〇専門コース(A自然・B天文・C気象・D俳句)
専門的に特定の分野について学ぶコース
興味のある分野について、専門家からより深く学べます。複数の講座を同時受講可能です。

シニア自然大学 シニア自然大学

認定取得が可能

NEALリーダー

《基礎コース》

〇自然体験活動指導者(NEALリーダー)へ登録が別途の短期受講で可能です。

《専門コース》

〇ちば天文宇宙講座…必修・選択科目を受講すると、準星空案内人に認定します。更に星空案内人への道があります。

基礎コース カリキュラム

~年間を通して自然について幅広く座学・実習・野外を交えて学ぶ~
分 野 講 座 時間 講 師
生物
科学
千葉の自然環境(座学) 世界に誇る千葉の自然 4 中村俊彦(公益財団法人日本自然保護協会参与)
生物多様性と生態系(座学) 生物多様性の基礎知識 2 千葉県生物多様性センター
里山の自然(座学) 雑木林の生態系 2 大野啓一(県中央博自然誌・歴史研究部主席研究員)
山の自然(座学) 山はどうしてできたか 2 県中央博
川沼の自然(座学) 房総に棲息する動物 2 倉西良一(県中央博生態・環境研究部主任上席研究員)
里山里海の自然環境(座学) 里山里海の成り立ちと未来 2 北澤哲弥(学校法人江戸川学園江戸川大学非常勤講師)
自然観察入門(座学) 身近な自然の不思議 2 廣瀬光子(技術士[環境部門]、自然観察指導員)
里山の自然と利用(野外)
市民参加の里山活動 4 金親博榮(NPO法人ちば里山センター理事長)
里海の自然・保全(野外) 東京湾の里海・三番瀬 4 小倉久子(元県環境研究センター研究室長)
養老渓谷の生き物(野外) 渓谷に棲む生き物 4 千葉県生物多様性センター
海の生き物(野外) 房総の海の生き物 2 県中央博分館海の博物館
自然の不思議(野外) 都市の巨樹・古木探訪 4 平栗瑞枝(「北総の森・巨樹・古木研究会」幹事)
植物学の基礎(座学・実習) 植物の特徴と体系 4 古木達郎(県中央博自然誌・歴史研究部植物学研究科長)
動物学の基礎(座学) 深海の世界と不思議 4 県中央博
野鳥の世界(野外) 渡り鳥から知る野鳥の世界 4 安西英明(公益財団法人日本野鳥の会主席研究員)
地球
科学
天文学コミュニケーション入門(座学) 天文、宇宙の不思議を知る 2 高梨直紘(東京大学EMP室特任准教授)
房総丘陵の地形・地質(座学) 房総半島の成り立ち 4 県中央博
地震と津波(座学) 過去から解く将来の地震・津波 4 宍倉正展(産総研活断層地震研究センター研究チーム長)
火山概論(座学) 日本の火山を学ぶ 4 高橋直樹(県中央博自然誌・歴史研究部主任上席研究員)
気象入門(座学) 気象の原理 2 古川武彦(元気象庁札幌管区気象台長)
天気予報入門(座学) 千葉の天気12ヶ月 2 石井賢次(日本気象予報士会千葉支部気象予報士)
農業 野菜づくり(座学・実習) 野菜づくりの基礎と実習 6 甲田暢雄(NPO法人ちば農業支援NW副理事長)
花きづくり(座学・実習) 花の植え付け実習 4 金子黎二(NPO法人ちば農業支援NW理事)
健康
長寿
プロ
グラム
自然体験活動の理念(座学) 自然体験活動の必要性 2 佐藤初雄(NPO法人自然体験活動推進協議会代表)
キャンプ基礎と野外調理(野外) 野外活動体験 4 NPO法人千葉自然学校
伝統の技を学ぶ(実習) 郷土に伝わるお正月飾りづくり 4 伝統技術保存グループ
山歩き入門(座学・野外) 山歩きの知識と低山に挑戦 6 三木雄三(公益財団法人日本山岳会千葉支部長)
医学と健康(座学) 遺伝子研究から知る全ての病 4 崎山樹(元千葉県立がんセンター長)
禅気功を学ぶ(座学・実習) 小宇宙(人体)を知る 4 各務和男(気功家)
森林セラピー・ウォーキング入門(野外) 心身のバランス 4 NPO法人千葉自然学校
食と健康(座学) ちば型食生活と健康管理 4 渡辺智子(千葉県立保健医療大学教授)
卒業生の声①―「体験農園の運営」
「耕作放棄地、もったいないね」との思いから、有効活用できないかとNPO団体と一緒に「体験農園in岩名」を立ち上げました。
利用者の皆さんへの講習会や交流を図ったり、又、子供にも野菜に親しんでもらおうとイベントのお手伝いをしたりしておいしい野菜作りを楽しんでいます。
(1期生 佐藤研二)

卒業生の声②―「古民家ろくすけでの活動」
ろくすけでは、大豆の栽培から収穫脱穀味噌作り迄一貫作業を、その他に蚕豆の栽培もシニア大学の卒業生がボランティア活動にて運営中。イベントの手伝い(郷土料理教室等)や地域ツーリズム協議会の活動参加も、そして11月には映画撮影のエキストラ(一期生が決定)にも。私も館山へ来て一年、自然の中で一緒に活動しませんか?貴方の参加を待っています。
(2期生 田邉明)

専門コース カリキュラム

~関心のある分野を専門家から学ぶ ~

Aコース

ちばの自然誌・自然観察・自然調査の実践講座 【開講期間】
講座12回10時~15時(原則水曜日)
【会場】習志野市、千葉市、船橋市、我孫子市等
【受講料】48,000円
①自然誌・生態分野
【講師】中村俊彦(公益財団法人日本自然保護協会参与)
人と自然と文化を学ぶ
○谷津田の村、三番瀬の干潟、自然誌の博物館・生態園で
②野鳥観察分野
【講師】安西英明(公益財団法人日本野鳥の会主席研究員)
季節の野鳥観察の実践(春・秋・冬)
③自然観察分野
【講師】廣瀬光子(技術士環境部門)
身近な自然観察の実践
④自然調査分野
【講師】北澤哲弥(江戸川大学非常勤講師)
里山の自然調査の基礎を学ぶ   

Bコース

ちば天文宇宙講座
~星のソムリエへの道~
【講師】高梨直紘(東京大学エグゼクティブマネジメントプログラム室特任准教授)他
〇宇宙はどんな世界
〇星の文化に親しむ
〇星空案内人の実際
〇望遠鏡を使ってみよう
〇プラネタリウムをつかってみよう など
【開講期間】
◎前期:4月~9月(原則火曜日)
講座8回12時30分~15時
※実習は日没後
◎後期:10月~3月(原則日曜日)
講座8回12時30分~15時
※実習は日没後
※前期・後期は同じ内容です。
【会場】千葉市 等
【受講料】32,000円(税込)

Cコース

気象・気候講座
~原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図~
【講師】古川武彦(元気象庁札幌管区気象台長)
〇大気の組成と気象観測システム
〇天気予報のしくみ
〇気圧・気温・気圧場と風の関係
〇気象庁見学・研修
〇台風、雲、雨のしくみ など
【開講期間】
①講座8回13時~16時(原則火曜日)
【会場】千葉市等
【受講料】25,000円(税込)

Dコース

自然と俳句講座
【講師】平栗瑞枝(日本自然保護協会会員・自然観察指導員・俳人)
〇俳話と実作・句会
〇吟行と句会など
【開講期間】
①講座6回10時~12時30分(原則水曜日)
※吟行の回は10時~15時
【会場】船橋市 等
【受講料】18,000円(税込)
※講座の内容・講師・場所等は変更になる場合もあります。また、上記以外にも宿泊研修などを予定しています。
※役職は平成28年10月末現在で記載しています。
※県中央博の正式名称は、千葉県立中央博物館です。
※産総研の正式名称は、国立研究開発法人産業技術総合研究所です。
※各講座の詳細は千葉自然学校のホームページをご覧ください。
卒業生の声③―「楽しく学び、ガイドへ」
シニア自然大学に通った1年はとにかく楽しく、本当に早く過ぎた一年でした。自然観察やアウトドアでの実践など興味ある講座が多数ありました。また多くの方との出会いもありました。今は住んでいる地域のことをもっと知ろうと、市の観光ボランティアガイドに応募し、生実(おゆみ)地区の案内を担当して楽しい時間を過ごしています。
(3期生 松尾豊子)
卒業生の声④―「地域活動の実践者に」
「ストップ・ザ限界集落・鹿野山」には美しい彩りのある山里を創り出すことが必要と地元の仲間達と「鹿野山・愛彩の会」を立ち上げました。今ではシニア自然大学の卒業生も加わり、「春はサクラ、秋はモミジの鹿野山」と春にも秋にも見所のある、そして一年中花咲く山里にすることを目指しています。
(4期生 鳥海高充)

平成29年度 受講生募集要項

《基礎コース》

自然について座学・実習・野外を交えて幅広く学べます。
  • 開講期間
    平成29年4月~平成30年3月
    ※開講日は木曜日を基本とします。
    年間 31講座(座学・実習・実習野外 活動)
    ※その他
     開講式、閉校式、合宿研修(1泊 2日)2回
  • 時間
    午前:10時~12時 午後:13時~15時
  • 会場
    千葉市、市原市、習志野市、君津市、南房総市、勝浦市、佐倉市、船橋市、など県内各地のフィールド
  • 募集人数
    定員40名(受付先着順)
  • 対象
    年齢不問。継続して受講できる方。
    ※野外での活動があります。
  • 受講料
    79,000円(税込)※
    分割の場合
     前期分(4月~9月)44,000円(税込)※
     後期分(10月~翌年3月)38,000円(税込)
    ※受講料のうち3,000円は「千葉自然学校公益事業協賛金」に充てさせていただきます。
    ※補助教材費(参考書、図鑑など)、交通費、
    合宿等の諸経費は、別途個人負担となります。
    2年間有効のクーポン券を発行します。
    講座を欠席しても期限内の再受講が可能です。

《専門コース》

関心のある分野について学べます。
複数のコースを同時に受講可能です。
  • 開講期間
    平成29年4月~平成30年3月
    ※開講日は火曜日または水曜日を基本とします。
    ※講座の詳細は各コース毎に設定されています。
  • 募集人数
    各コース定員30名(受付先着順)
    ※開講可能な人数に満たない場合は、開講できない場合があります。
  • 対象
    年齢不問。継続して受講できる方
    ※野外での活動があります。
  • 受講料
    受講料は各コース毎に設定されています。
    ※受講料のうち3,000円は「千葉自然学校公益事業協賛金」に充てさせていただきます。複数受講の方は、協賛金は3,000円のみとさせていただきます。
    ※補助教材費(参考書、図鑑など)、交通費、合宿等の諸経費は、別途個人負担となります。

申し込み方法

〇別紙受講申込用紙に必要事項を記入し、郵送またはFAXで事務局までお送りください。
(申込み用紙は、こちら からダウンロードできます)
〇H29年度パンフレットは こちら からダウンロード

申し込み受付期間

平成28年11月1日~平成29年2月28日
 ★申し込みを受付後、入学案内及び説明会の資料をお送りいたします。
 ★入学説明会では、講座の詳細説明をさせていただきますので、できるだけご参加ください。
  (3月中旬開催予定)
 ★入学式は平成29年4月中旬を予定しています。

事前に雰囲気を味わってみませんか?

どんな講師や受講生、スタッフがいるのか、どんな講座があるのか…公開講座や説明会に来てみませんか?
個別説明も対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください♪ お待ちしています!

<学校説明会>
【日時】
平成29年1月12日(木)13時-14時30分
【会場】塚本ビル7F会議室
 (JR千葉駅東口より徒歩約5分)
※午前中(10時-12時)に同会場で開講している講座も見学可能です。