大人・シニアイベント

南房総 平群の古民家ろくすけで郷土料理をつくる・味わう <全5回開催>終了しました

主催:平群ツーリズム協議会

開催日

2015年3月13日 (金)

参加費

各回 3,000円

お知らせチラシ

PDF

南房総に伝わるお料理を作って楽しみませんか?
1回だけの参加でもOKです。

【①太巻きずし3種】
 開催日:9月26日(金)10時~15時
 内容:房総を代表する郷土料理『太巻きずし』を基本に戻り学びます。
    講師は太巻きずしを国内はもとより世界に広めた第一人者 龍崎 英子 氏。

【②嶺岡豆腐、からなます】
 開催日:10月24日(金)10時~15時
 内容:嶺岡は、日本の酪農の発祥地。この地に伝わる初乳を使った『嶺岡豆腐』と 行事には欠かせない『からなます』を、和田町「くすの木」の厨房責任者 黒川 氏に教わります。

【③あんびんもち、性学もち】
 開催日:11月30日(日)10時~15時
 内容:大原幽学が香取の農民に伝えたという、うるち米を使ったのど越しの良い『性学もち』を作ります。あん餅なのに なぜか南房総 房州では『あんびんもち』と呼ばれています。どこから伝わったのか…想像力を膨らませて郷土料理の魅力を探ります。

【④てんもんどう、麹・粕漬】
 開催日:平成27年1月21日(水)10時~15時
 内容:しょうがの『てんもんどう』、ふきの『てんもんどう』、昔はお菓子というより薬、貴重な保存食でした。保存食のひとつ『麹づけ』と合わせて名人に教わります。

【⑤焼き米、なばな料理】
 開催日:平成27年3月13日(金)10時~15時
 内容:田植えの準備が始まります。その昔、余った種籾を使って『焼き米』を作りました。南房総では、お盆に焼き米を作って仏様をお迎えします。おいしい焼き米の作り方を、地元の名人に教わります。

<その他>
 ◎各回参加費:3,000円(昼食費、体験料、保険料込み)
 ※千葉駅NTT前からバスで移動します(集合7:40、解散17:30)。
 ※道の駅 富楽里とみやま、または古民家ろくすけでの集合・解散も可能です。

 ≪詳しい内容については「お知らせチラシ」をご覧ください。≫

【申込み・問い合わせ先】
 NPO法人千葉自然学校
  TEL:043(227)7103
  FAX:043(202)7237
  Eメール:camp@chiba-ns.net

トップに戻る